業者が遺族に寄り添えば可能になる良心的な葬儀料金

多くの場合、亡くなってから間もない時に葬儀の段取りやその後の流れが決まってしまい、気付いたら業者のプランを丸のみし、高額の料金を支払わされてたというケースが続発しています。

遺族からすれば、精神的に余裕があるわけがなく、事態が飲み込めていない状況の中で契約をするので細かいところに気が回らなくて当然です。業者としては、そのような状況はわかっているはずですが、あえて遺族の気持ちに寄り添わず、色々な葬儀プランやオプションを追加し、多額の料金を支払ってもらうことを目論んでいます。一方、こうした遺族の気持ちに寄りそってくれる業者は葬儀における料金設定も大変良心的であることが多く、後でクレームが来るようなことはしてきません。

もちろん、あまりに細かいことを聞いても遺族の方々はそれどころではありませんから、十分配慮した形で葬儀のセッティングを行い、なるべく負担にならない形で流れが進むようにしてくれます。個々の家庭の状況に合わせた葬儀にし、それに見合った料金設定にすることが業者として求められますし、多くの人からも支持を集めます。

最近ではお金をかけない形でのシンプルな葬式が人気を集めています。この需要を見込んで、多くの業者が参入してくるのは明らかです。ただシンプルであろうが、遺族の気持ちをくみ取る行為は欠かしてはいけません。今後業者に求められるのは、こうした気持ちの配慮などの姿勢になっていきますので、そのあたりを見るようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *