生前からの積み立てで賄うことのできる葬儀料金

生きているときから葬儀料金を積み立てておくのがいざというときには大変便利です。

しかし、どこに積み立てればいいのかわからないとか、いくら積み立てればいいのかという声もあります。そこで冠婚葬祭互助会と呼ばれるところで毎月1000円単位から積み立てることで葬儀料金の足しにすることができるのでおすすめです。ここでは、毎月の掛け金を5年10年続けていくことで、いざというときにそれを使うことができるという制度を設けており、会員全体で総額2兆円を超える掛け金が集まっています。

会員になること式場使用料が無料になったり、棺や祭壇などが割安になったりし、葬儀料金が3割引き、4割引きという破格の値段で利用することができます。元々は助け合いの精神で始まった事業であり、葬儀に限らず、結婚式など冠婚葬祭全般に対応しています。こうしたものに加入しておくと割安な料金で利用できるため検討の余地は十分あります。全国各地にこうしたものは存在しますが、万が一辞める時にはいくらかのお金が手数料として戻らないところもあります。

なので、10年加入し続ける自信がないという場合には自らがためておくというのもいいでしょう。しかし、どうしてもそうしたものは後回しされてしまいがちです。なので、ためる自信がない人は5年タイプのものもあるのでそうしたものに加入しておいた方がいざというときに安心です。葬儀料金はかなりの出費を伴いますが、互助会に加入することで少しずつの出費で葬式を滞りなく行うことができるのでおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *