葬儀料金を希望通りの値段にするコツ

冠婚葬祭は何かとお金がかかりますが、結婚式の費用以上にお金の流れが不透明となりがちなのが葬儀費用です。

見積りで示されたものに追加料金が発生していることも珍しくありません。何社かに見積りを出したのに結果的にその通りにならないというのはなんとも腑に落ちません。こうしたことを防ぐためにできること、そして希望通りの葬儀料金にするためのコツというものが実はあります。それは見積りを示してもらう前に、予算を強く言っておくことです。できればこれくらいの額にしたいというものでは、言いくるめられる恐れがあります。

なので、葬儀料金はこれぐらいでお願いしますと最初に強くいい、追加料金が発生しないことを何度も言えば、そこから上乗せされることはまずありませんし、万が一そんなことをした時のリスクも業者はわかっているでしょうから、下手なことができなくなります。また、人数をこれだけ集めたいなどの情報はなるべく伝えないようにしながら、この予算ならどれくらいの規模になるのかという話を聞いておくと、業者がいくらで提示したいかがわかります。

これが最初に人数を言ってしまうと、いくらでも言いくるめられて終わってしまいます。一番大事なのは、何社にも見積りをだし、こうした駆け引きをしなくても明瞭会計の葬儀料金を示してくれる業者を見つけることです。ただ、そう簡単に見つけられるものではありません。金銭的なことなので、きっちりしておかないと後でトラブルになるので気を付けておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *