葬儀の流れを知り決めておくべきことを把握しておく

葬儀の流れを把握しておくことは、家族や親戚そして友人などに万が一急に不幸が訪れた場合に、すぐに対応ができるので把握しておくべき事項です。

契約をして月々支払いを行うことで、費用を抑えることができるシステムを取り入れている葬祭業者もあるので、家族で話し合いの場を持ち検討しておくと良いです。病院でなくなったときには病院まで遺体を迎えに来てもらう必要があります。スムーズな葬儀の流れに至るためにも業者の連絡先を把握しておくべきです。自宅に運べない時にも業者が準備した安置室に運んでもらうことができて、この際には死亡診断書が必要になります。

自宅に連れて帰ってきてから北枕やあるいは西向きで、仏間などに寝かせることになります。普段使っていたお布団を利用し、枕飾りなどを設置します。通夜から葬儀の流れ、初七日法要に至るまで業者から提出されたプランで決めていく必要があります。日取りや喪主決めなど家族や親戚の都合と合わせて、お寺など信仰している宗教の住職などにも確認をします。

納棺の儀式や通夜で僧侶を迎え、読経と焼香そして訪問客への対応、告別式でも供物や弔電の確認など会場の準備が終わったら、僧侶との進行を確認したり火葬場へ何人が行くかなど、葬儀の流れに合わせて前もって決めておかなければならないことがたくさんあります。実際当日は業者の担当者が司会進行をしてくれて、その都度サポートが入るため心を穏やかに儀式を終えることができるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *