尼崎周辺の宗教的慣習と葬儀業界の現状

業界は、長く続く経済不況や深刻な少子高齢化、業界の舞台裏の暴露、巨大企業の異業種参入などにより業界自体の阿漕な体質が改善されるとともに、執り行われる葬儀の規模や葬具のグレード、儀礼の内容などが大きく変化しています。

特に規模においては、従来参列者が50人~70人が一般的とされて来ましたが、現在では家族葬や直葬、ゼロ葬、見送り葬、火葬式、1日葬など様々な名称で執り行われています。現在では、専門業者だけでは無く、公的機関である尼崎市役所でも雪、月、花、1日葬の4種の仏式に加え、神式とキリスト教式の小規模な葬儀が、市民の為に尼崎市規格葬儀の名称で執り行われています。

家族葬は、遺族と限られた親類縁者のみで通夜や告別式を行う為、弔問客や参列者が少なく遺族の負担が少ないメリットがあり、香典返しや接待の為の料理などが不必要な事から費用が削減出来る事から経済的メリットも大きいとされ、尼崎市でも一般葬よりも数多く執り行われています。尼崎周辺の葬儀では、通常黒と白の水引では無く黄色と白の水引を用いたり、抹香の代わり樒の葉で棺に水を掛ける水焼香など地域独自の宗教的慣習が継承されています。

又、尼崎市は、大阪府とも隣接している地域性もあり葬儀の際には、死装束の襟を左前にする逆さ着物や真水にお湯を入れて温度を調整する逆さ水、枕元に屏風をひっくり返して立てる逆さ屏風、北枕などの逆さ事を執り行うケースも少なく無いとされています。
流山の葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *