西宮市でも増えている直葬という葬儀

近頃の日本では西宮市を含めて、核家族化や、少子高齢化などが進行していて、西宮市の方たちの生活の環境はかなり変わってきています。

そのことに従って西宮市の葬儀のあり方についても、かなり変わってきていて、親しい方たちだけ小規模に執り行ったり、これまでの仏教の方式の葬儀にこだわらない自由な形式が多くなってきています。そうなっている背景には、西宮市など都市部での人間関係の薄れや、貧困問題、葬儀を執り行うことに対する疑問などが挙げられます。このように多種多様な葬儀の1種に直葬というものが挙げられます。

近頃は、都市部である西宮市を中心にして直葬を執り行う遺族が多くなってきています。直葬は、お通夜や、告別式などといった宗教的な儀式を執り行わない、火葬だけで故人を葬送する方法のことを指し、火葬式ということもあります。直葬は、近親者や、故人と生前親しくしていた友人などごく限定された関係者だけで行われて、火葬場や、遺体を安置する場所にお坊さんを、お招きして、読経してもらうこともできます。

そのときには、お布施を別途お支払いすることが必要になります。直葬は、家族の1人が臨終を迎えたら、遺体を病院など亡くなった場所から搬送し、自分の家や、火葬場に併設された安置所に安置し、納棺をして、法律の取り決めに従って亡くなってから24時間以上が経過してから遺体を火葬し、遺骨を骨壷に入れて持ち帰るという流れになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *