西宮の会社で貢献をした人に対して行う葬儀

西宮市は大きな都市なので、西宮市にある会社で経営に大きな貢献を果たした方が亡くなるということも少なくありません。

そういったときには、西宮市の葬儀社で遺族ではなく会社が主催する社葬を執り行うことがあります。社葬には何種類かの形式があります。密葬本葬形式は、遺族や、故人と生前にとても親しくしていた人だけで密葬を執り行い、日を改めて告知や、案内を行い、本葬として社葬を執り行うというものになります。合同葬形式は、遺族と西宮市の会社が共同で運営していくことの責任や、葬儀にかかる費用を負担して葬儀を行うものになります。

お別れの会の形式では、お経をあげるなどといった宗教上の儀式を省略してセレモニーを執り行うものになります。近頃は、密葬にかかる費用についても会社側が支払うことも多くなってきていますが、全部の運営を取り仕切ることができるのは大企業などに限られ、中小企業のほとんどは合同葬という形を採用して、遺族と話し合いながら、費用をどちらで負担するのかも決定していきます。

遺族と、企業が一緒に主催しますが、場合により幾つかの会社が合同で執り行うことがあります。合同葬という形式で執り行う場合は、お別れ会の形式で執り行う場合と比較して、葬儀を執り行うまでの時間が限定されているので、親交があったのが、わずかな期間しかなかった方や、会社に対する連絡など運営が複雑になりそうな場面を、間違いや、漏れなどが発生しないように進めていくことが必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *