西宮で葬儀を行う場合のポイント

西宮市内で葬儀を行う場合、まず、第一の選択は、民間企業を利用するか、市営の施設を利用するを決めることになります。

民間金業での葬儀は、パターンによって三種類に分けられます。一つ目は、式等は一切行わず火葬のみを行うパターンです。通夜や告別式は一切行わず、お迎えの後は安置、その後、火葬するものです。初七日も省略します。施設によって費用に若干の差はあります。15万円から20万円程度が一般的です。二つ目は、通夜を省略するパターンです。流れは、お迎えの後は、安置をして通夜は省略し、告別式を行い、その後、火葬とするものです。火葬後の初七日も行います。

こちらも施設によって、費用に若干の差がありますが、30万円から35万円程度が一般的です。三つ目は、一切の省略は行わないパターンです。費用は、50万円前後となります。上記の三つのパターンに関する費用は、西宮市内の葬儀における最低ラインを示すものとなります。最低ラインとは、基本的に家族葬を前提として、葬儀に参列する人たちの控室や直会の費用を含むものではあります。

家族葬ではない場合は、こうした費用を別途、見積もる必要があります。また、祭壇や花をオプションで豪華にする場合は、別途費用がかかります。次に、市営の施設で西宮市内での葬儀について説明します。市営施設を利用するためには、亡くなられた方、または、喪主が西宮市の住民であることが条件となります。式場は、仏式、神式、キリスト教式を選択可能で、部屋の大きさにより、費用多少変わりますが、おおよそ、15万円から30万円程度となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *