西宮の会社や団体が執り行う葬儀

亡くなった方が社会的に影響力や、地位がある方だったときには、その方の人脈の広さや、人徳によって想定できる弔問客の人数が必然的に膨大になるので、故人の社会的な活動の基盤となる西宮市の団体や、会社も、葬儀をサポートする必要が生じてきます。

社会的な故人の立場により、葬儀を現実的な問題として遺族だけで執り行うことが難しいことがあり、その場合は、遺族や、近親者だけで密葬を済ませて、およそ2週から4週ぐらいの期間が経過してから告知を行い西宮市で団体葬や、社葬を行う必要があります。近頃の西宮市の傾向としては、社葬や、団体葬は、お別れ会や、合同葬といった方式が多くなってきています。

合同葬という形式は会社と遺族が合同で行われる葬儀のことを指しています。お別れ会の方式は、故人が亡くなってから密葬を執り行って、およそ1ヶ月から2ヵ月ぐらいが経過した後に行われることになります。お別れの会の形式で執り行う場合は、ホテルなどといった大会場で開かれることになります。

お別れの会の形式では自由に式次第を決めることができるため、会社により式次第は色々となっています。故人のことを偲ぶだけでなく、故人と生前に親交があった方たちと交流する機会を設定する意味合いが強く、献花や、弔辞などを披露したり、会社をプレゼンテーションする場としての意味もあるため、接客しやすい環境が整っているホテルなどの施設を会場に使う、お別れの会は、これからも多くなっていくものと予想されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *