西宮の葬儀の喪主は早く決定しましょう

遺族の代表として葬儀を主催するのが、喪主になります。

喪主が通夜や葬儀の準備を取り仕切るため臨終後、近親者で話し合ってできるだけ早く決定することが、大切になってきます。故人が遺言などで誰かを指定していた場合は、その人になります。それ以外は故人と最も関係の深い人といったケースが、西宮では多くなっています。家族構成により配偶者、子、親、兄弟姉妹、親戚という順序で考えていきます。ただし家庭の事情や西宮のしきたりも、考える必要が出てきます。

以前は故人の親や女性は喪主にはならないといった考え方もありましたが、現在ではあまりこだわる人はいません。配偶者が高齢の場合には子が、喪主を務めることが多くなっています。幼少の子供が喪主になるときは親戚代表が後見人を務めて、実質的な喪主として葬儀を取り仕切ることが西宮では多くあります。結婚して姓が変わっている娘が喪主となるときには、女婿が施主を務めることもあります。

また喪主を連名とする場合は、役割分担をきちんとしておくことが大切です。故人の二男の会葬者が多く会葬すると予想されるときには長男でなく、次男が喪主となる場合もあります。故人に近親者や親戚がいないというケースでは親しかった友人や知人などが施主となって、同時に喪主の代わりを務めることになります。喪主は遺族の代表でありその後の法要も営むという役割も果たすという事情も十分に考慮して、決定することが大切になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *